TOILET RENOVATION

Article

Pick Up

枚方の我が家トイレのリフォーム大成功

私は5年前に、枚方に夢のマイホームを購入した30代男性です。ただ、購入した家が中古であった為、家の中で何点か不満な部分がありました。その中の一つが、トイレです。 私の家は2階にリビングがあり、生活のほとんどを2階で行う様になっています。風呂や寝室、もちろん小綺麗なトイレも2階に設置されています。しかし、田舎にある家な為、1階部分もとても広く、部屋数も沢山あります。そんな家なので、1階にももちろんトイレはあるのですが、とってつけた様な雑さ、狭さで納得のいかないものでした。遠くに住んでいる私の両親も家については感動していましたが、その1階トイレの設置の悪さに首を傾げていました。ずっとリフォームしたいと思っていましたが、昨年ようやく目処が立った為、以前他の部分のリフォームでお世話になった業者に頼む事にしました。 1階には洗面台がなかった為、洗面台もトイレの中に入れてもらう予定でしたが、いかんせん中古で設計図が無かった為、柱の位置やお湯が出るかなど、当日にならなければわからない問題が沢山ありました。結果を言うと、驚く程良いトイレリフォームする事が出来ました。邪魔な柱があったのですが、大工さんや業者さんが上手く臨機応変に対応してくれたおかげで、あまり気にならない構造になりました。 また、サービスで収納もつけてくれた為、とても満足しています。今後も何かあったら、この業者さんに頼む予定です。

トイレのリフォームで住み良い家に

私の枚方の実家でトイレのリフォームを行った時の経験談です。私の実家には両親の他に、70代の祖母が住んでいます。九州の田舎にある家で、元々祖母が住んでいた家であった為、トイレの作りがとても変でした。
私が生まれた頃の元々あった作りとしては、汲み取り式の和式便所と男性用の小便器が別々にあったそうなのですが、私が小さい時に男性用の小便器を撤去し、和式便所のあった所に洋式トイレを付けるリフォームをしたそうですが、トイレに入るまでに一段上がらなければいけない事や、トイレそのものが狭いという事もあり、高齢の祖母にはとても使用し辛い状態でした。
ただ、昔からトイレについては両親もリフォームを考えていたそうで、つい先日車椅子でも入れる様なトイレにリフォームされました。
外開きだった扉は引き戸になった為入りやすく、何よりトイレの中が2倍以上に広くなりました。また、最近の便器は自動で開いたり自動で洗浄してくれる為、祖母や両親だけでは無く、私達にとっても使用しやすいトイレになりました。
その甲斐あって祖母はとても嬉しそうな顔をしていましたし、何より両親との信頼関係も深まった様でした。また、今後も様々なリフォームを考えているそうで、トイレのリフォームが良いきっかけとなり、皆が住みやすい家になりそうです。

先を見据えたトイレリフォーム

我が家は私たち夫婦と子ども三人の五人家族です。実は先般、私の実家で二世帯で暮らすことが決まり、ある程度実家のリフォームをすることになりました。
今回の実家のリフォームの最優先課題は、両親の加齢を見越したリフォームです。もちろん二世帯ならではの、各世帯にキッチンをひとつなども考えたのですが、家の構造的に難しかったので、シェアして使う場所をいかに快適に過ごせるようにするかがテーマでした。
私たち夫婦と両親で話し合った結果、トイレリフォームをまずは施工することになりました。トイレリフォームに決めたのは、ちょうどトイレリフォームの展示を両親が見に行く機会があり、最新のトイレの性能に魅力を感じたからです。
トイレリフォームを施工することに決めてからは、業者から見積もりを取ったりとなかなか忙しかったですが、無事に施工することができました。特に、トイレ内の段差を解消、手すりを付ける、温水洗浄便座にする、暖房を付けるなど、両親の加齢すなわち先を見据えたトイレリフォームを意識しました。
これから先も、家族皆で仲良く、豊かに暮らすために、大切な我が家のリフォームを適宜考えていきたい、そう思うきっかけにもなるトイレリフォームでした。

二世帯で住んでいる方や和式から洋式にしたい方はトイレのリフォームを考えてみてはいかがでしょうか?もし枚方でトイレリフォームをしたいならオススメは「おうちカンパニー」という業者です。凝り固まったプランではなく、予算やニーズに合わせてリーズナブルな提案を臨機応変にしてくれますので、予算を抑えたい方は必見です!

TOP