TOILET RENOVATION

我が家のトイレリフォーム

小奇麗なトイレ

私の枚方の実家でトイレのリフォームを行った時の経験談です。私の実家には両親の他に、70代の祖母が住んでいます。九州の田舎にある家で、元々祖母が住んでいた家であった為、トイレの作りがとても変でした。
私が生まれた頃の元々あった作りとしては、汲み取り式の和式便所と男性用の小便器が別々にあったそうなのですが、私が小さい時に男性用の小便器を撤去し、和式便所のあった所に洋式トイレを付けるリフォームをしたそうですが、トイレに入るまでに一段上がらなければいけない事や、トイレそのものが狭いという事もあり、高齢の祖母にはとても使用し辛い状態でした。
ただ、昔からトイレについては両親もリフォームを考えていたそうで、つい先日車椅子でも入れる様なトイレにリフォームされました。
外開きだった扉は引き戸になった為入りやすく、何よりトイレの中が2倍以上に広くなりました。また、最近の便器は自動で開いたり自動で洗浄してくれる為、祖母や両親だけでは無く、私達にとっても使用しやすいトイレになりました。
その甲斐あって祖母はとても嬉しそうな顔をしていましたし、何より両親との信頼関係も深まった様でした。また、今後も様々なリフォームを考えているそうで、トイレのリフォームが良いきっかけとなり、皆が住みやすい家になりそうです。

TOP